2019年9月18日 (水)

冥途の土産はハワイの土産

昨日は区役所にいって盲老人施設入所の手続きをやった。
前日は敬老の日で連休だったせいかけっこう込み合っていたが おりしも昼休み時間帯だったので受付窓口は交代制で人員が少ないのに、自分の手続きは1時間半ほどかかったのであとにはけっこうな待合人がいたらしいが仕方ない。
役所というのは昔からそうだが 手続きに際して必要な物は何かと再三しつこく確認しても 用が足りずに、今回も必要な物に入っていない身障手帳と印鑑の提出を求められた。
つまりこういうものは いわずもが の、持って行って然るべきものなのだろう。
今回はついでにもう帰ることもない故郷の釧路から札幌に本籍を移動した。
これは新たな将来に対する心のけじめであるし、また場合により再度一度で用の足りない役所から戸籍謄本や抄本など求められてもその場で簡単に即座に取ることが出来る。
さらに、気が向いたらもう一度ハワイに行ってみたくなるかもしれない。
なぜかというと、今はどうだか知らないが パスポートを取るときに戸籍抄本などが必要になるが 現住所と本籍が同じここであれば、簡単にとることが出来る。
そうして札幌駅前のアスティ4・5にいってパスポートの申請をすればいい。
冥途の土産に ハワイにいったら 、イドインUSAのウクレレを土産に買ってこよう。
むかし義理の娘のムコさんが社内旅行でハワイにいった時に、カネは後で払うからウクレレを買ってきてくれと頼んだことがある。
ウクレレといってもちゃんとしたものはけっこうな値段がするからそのつもりでと念を押したのに、買ってきたものはおおよそ楽器とはいえない代物だった。
それをいまだに根に持っているのである。

«ともかくよかった。